とある1日

貿易事務のとある1日をご紹介します。

朝会社へ行って、時差の関係で夜から開いている海外客先から注文や見積依頼のFAXが来ていないかチェック。見積依頼書と、注文書が来ていたので日本の仕入先用に見積依頼書を作成し、FAXする。

翌週の船積みの為に梱包依頼書の作成や、船積書類作成の準備。船が悪天候の関係で数日遅れると船会社より連絡有。英文メールで海外客先に船が数日遅れると説明。

ランチタイムは同僚と近所のファミレスに。

午後、見積依頼を出した仕入先から、商品の型式がこれだとよくわからないと連絡があり、客先にもう少し詳細な情報がないかと質問を英文メールで送信。

来ていた注文の注文書を作成し、仕入れ先に送付。

社内での伝票作成やファイリング等、社内業務をし、ちょっとコーヒーブレイク。

銀行から、海外からの入金の通知があり、何の分の入金か調べて入金処理をする。

先週注文した製品が梱包工場に納品された為、梱包後の船積スケジュールを立てて、出荷までの予定を決める。

翌週の船積書類を作成し、通関業者に通関依頼をする。

基本はこんな感じの繰り返しです。もちろん、今日は見積依頼がいっぱい来て見積依頼書の作成だけで一日終わっちゃったよ!なんて時もありますが。

体験談メニュー

苦労話については→コチラ
自動車部品の輸出と完成品の輸入については→コチラ